先取り!ハロウィン衣装特集

top > ハロウィン衣装について > ハロウィンを楽しむための衣装の費用

ハロウィンを楽しむための衣装の費用

 毎年恒例となる行事、10月31日はハロウィンで、メディアで必ずと言っていいほど取り上げられる繁華街では、交通規制がかけられるほどに盛り上がり、10月27日頃から10月31日まで、全国からハロウィン仮装に身を包んだプレイヤーが集まります。
混雑でも雨天でも屋内のクラブハロウィンイベントも人気、衣装は駅地下などで臨時の更衣室が開設されているので着替えもスムーズにできます。
しかしながら、地方ではハロウィンのイベントは家派が圧倒的に多く、お楽しみとなる仮装もキッズのみが楽しみ、大人はイベントを盛り上げる秋の装飾に力を入れているようです。
衣装もハロウィンらしさを全面に、カボチャモチーフや魔女は定番です。
ハロウィンの衣装は、秋口に入ってからコスチューム専門店で販売されるため、金額的に辞めてしまう人もいるようです。
やはりお店によって価格を比較し、選ぶ必要がありそうです。
購入すべきか、ハンドメイドすべきか、お値段的にはどちらが得になるのかは、身に付けるコスチュームにより、一概には言えません。

 すぐにサイズが変わるキッズの衣装は、プチプラで揃えるのがベター、格安で手に入らないなら、レンタルすることもできます。
トレンドのコスチュームを選べて、ハンドメイドで製作するには難しい着ぐるみ系もレンタル可能です。
人気のキャラクターのなりきりコスチュームも数多く、1日限定のイベントであることから、コスパ的にもオススメです。
一方、ハロウィンの衣装を自作する場合には、ある物で作れば材料費も安く抑えられますが、逆に、こだわればそれなりのお値段になります。
しかし、ハンドメイドならば、オリジナリティー溢れる品を作ることも、ぴったりサイズで仕上げることも可能です。
しかも、ペアルックやペットとお揃い、ファミリーで統一感のある衣装を作り出せます。
ハンドメイドで人気となっている衣装は、黒いドレスやワンピースから簡単に作れる魔女が大人気、白いシーツを裂いて作り出すのはミイラ男の衣装で、白いシーツを被るだけでキッズに人気のオバケに見せることもでき、製作費も安上がりです。
ハロウィンらしいゾンビ衣装は、凝れば凝るほど良いものができるようですが、殆どが青ざめた顔、ケガをしたように見えるアートメイクに凝っているようです。

 ハロウィンを気軽に楽しみたいなら、衣装を百均で揃えるという方法が使えます。
仮装用のアイテム数も実に豊富、工夫次第で本格的に楽しむことができます。
例えば、定番となるドラキュラや魔女系の仮装を楽しむならば、マントが必須アイテムです。
マントや魔女のとんがり帽子、ホウキまでが一通り揃っています。
ドラキュラ用マントに、手持ちのフォーマルスーツ、加えて百均にある整髪料のジェルを髪になでつけるだけで、完成度も高くなります。
血糊の代用品には、百均の赤い口紅がリアリティーを醸し出します。
ウィッグやお面などのハロウィン限定アイテムやグッズが沢山あり、デビルっぽいツノのカチューシャや、肌に直接貼れるボディシールなどの小物まで、お手頃価格から始めてみて、年々クオリティーを高めてみるのもオススメです。

▲ ページトップへ