出産内祝いをあげる時の段取りを考える

出産内祝いとは、出産祝いを下さった方へお礼の意味も込めてお返しの事を言いますので、何をあげるか事前に決めておくと良いでしょう。いつ頃あげれば良いのかになりますが、1ヶ月の帯開けまでは体をゆっくり休めないといけないので、外出も控えて家に居る事が多くなりますので、その後の1ヶ月が経過した頃にお返しをするのが一番良いでしょう。1ヶ月頃に注文をしてそれからでも良いですが、体調に合わせて段取りを進めていくのが良いでしょう。何をあげるかは、出来れば赤ちゃんが産まれる前の方が、時間がありますので、良いでしょう。ある程度決めておいて、1ヶ月後に決定する事で良いでしょう。マナーやルールがきちんとあったり、その地域毎によってあげてはいけない物なども発生してきますので、事前に確認しながらお返しの物を決めてきましょう。

お祝いのお返し、守るべきマナー

一般的に言われる出産内祝いは、「もらったお祝いの1/3から半額程度」がマナーだと言われています。いわゆる半返しと呼ばれるマナーです。実際にもらった方の半数くらいがこのマナーくらいのお返しをしているとのアンケート結果があります。ですから内祝いの予算としては、これくらいを目安にしておくて失敗しません。お祝いを頂いたのに、「お礼もお返しもない」というマナー違反も少なからずあるようですが、母親としてのスタートラインに立った訳ですからしっかりと感謝の気持ちを表すべきです。職場の方達に連名でいただいたならば、お菓子の詰め合わせギフトやちょっとしたプチギフトなどでお返しできるととてもスマートです。またお返し漏れのないように、名簿などを作成し失敗のないようにすると良いと思います。

内祝いを事前に考えておく事が大事

出産祝いを頂いたら、御返しに内祝いを返すのが礼儀になりますので、何をお返しにするかを事前に考えておく事が一番スムーズな流れになってくるでしょう。出産後に考えれば良いと言う考えは、ハッキリ言って甘いと言えるでしょう。心身共に疲れているので、心に余裕が無いに近くなりますので、一番心に余裕があって時間もあるとするなら、産前産休の時しか無いので、その時間を有効活用して出産祝いのお返しの出産内祝いを考えておきましょう。何をあげれば一番良いのか分からないと言う人は、ネットで調べてランキングなどの上位の物をあげる事をすれば間違いないでしょう。食べ物にするのか・物にするのかもある程度決めておくと決めるまでの時間が早く決まって良いでしょう。ある程度絞っておけば、後が楽なので良いでしょう。