出産内祝いに絶対に正解の答えなどはないが

出産内祝いは出産したときにお祝いをいただいた人たちに対してのお返しする行為を指します。しかしこのお返しをする行為に関して、絶対に正解の答えなどはなく、事実上は不文律の行動となります。そのため同じ行動をしていても相手次第で機嫌が変わる場合もあることに留意しなければなりません。ただ一般にそのお返しをする場合、お返しをする時期は出産してから約1か月以内くらいがベターだとされています。それより遅れると忘れ去られたか、ズボラかと勘繰られてしまいかねないので注意しなければなりません。またお返しをする場合の品物にも留意しなければなりません。これは日ごろから相手の嗜好などを知っておくなどが必要となります。言い換えれば品物は全員に対して一律で用意ではなく、相手によって変えるなどの工夫も必要だということです。この際の基本は誰でも好む無難なものとなりますが、飲食品など消耗品以外の場合、今の時代の家庭にはモノがあふれてるので、かえって迷惑になる場合があります。また同じ飲食品でもお茶はタブーとする人もいるので注意が必要です。

名入れギフトは、消費できるものが良い

出産内祝いの品として、専用の通販カタログやインターネットサイトで人気なのがずばり「名入れギフト」です。お祝いのお礼に合わせて赤ちゃんの名前を紹介することができますし、赤ちゃんの顔の写真をカードにしたり、誕生日や体重などを紹介することができるサービスもあります。名入れギフトは贈る側からして非常に人気の内祝いで種類も豊富にあります。けれども、贈る際に贈る相手により慎重に選ぶことがポイントです。近い身内や親戚ならば心から喜ばれるギフトになりますが、職場の方や義理に近い人には注意が必要です。また選ぶアイテムとして名入れギフトのアイテムは、カステラやお菓子のセットなど食べてしまえば形がなくなる食品がおすすめです。形が残るタオルや雑貨に名入れするなどは、相手が使い道に困るかもしれません。相手を考えて、セレクトするのが大切です。

贈るタイミングや金額など注意すべき点

出産した際に祝いをいただくことは珍しいことではなく、その際には出産内祝いを贈ることになります。贈るタイミングや金額に注意しておかないと、マナー違反となってしまい常識がないという印象になってしまうので注意しましょう。贈るタイミングは、出産祝いを頂いてから一ヶ月程度が一般的であり、遅くなるのが良くないのはもちろんのこと、早すぎても祝いを突き返されたという印象になってしまうので注意しましょう。金額は出産祝いでいただいた金額よりも高額にならないようにしておく必要があります。特に目上の人に贈る際には、金額には十分気をつけておきましょう。通常ならば半額から三分の一程度の金額にしておくことがマナーとされているので、頂いた金額に合わせて贈る内容にも違いをつける必要があります。