出産内祝いの内容を人によって分ける

出産内祝いを何にしようかなと悩んでいる人も多いでしょう。多くのお返しをしないといけない人は、人によってお返しの物を変えたりする事はしないですが、少ない出産祝いのお返しなら、人によって内容を分ける事をしても良いでしょう。例えば、親戚などには、カタログをあげて選んでもらう様にするとか、仲の良い女友達には、甘いお菓子のセットをあげるとか、主人の友達へのお返しには、コーヒーやネクタイなど毎日使う物をあげると喜ばれるでしょう。金額の相場は、5千円が平均になりますので、この金額を下回る物をあげると、いくら値段が分かっていないからと言っても分かる人には分かるので、きちんとした相場の金額でお返しをしましょう。出産祝いのお返しに困ったら、ネットで人気のランキング別などで掲載されいますので、参考にして決めると良いでしょう。

赤ちゃんが生まれた時にする贈り物

出産内祝いとは、本来は内輪のお祝いのことを言います。親しい人や身内の間で喜びを分かち合うということです。我が家でおめでたいことがあったから、その嬉しい気持ちを他の皆さま方にもわけて、一緒に喜び祝ってもらうというのが本来の意味です。内祝いはお返しという意味では無いのですが、現在では、いただいた出産祝いのお返しという意味が強くなってきました。内祝いにおすすめの贈り物としては、何かにつけて必要なタオル類や洗剤、日持ちするお菓子などです。相手が自由に好きな品物を選べることが人気のカタログギフトを贈る人も増えてきています。消耗品や日常生活で使えるものなど、送られた相手にとって負担にならないようなものが人気のようです。迷ったら、両親や兄弟に相談してみるのも良いでしょう。

お礼状の書き方のマナーを知っておこう

出産内祝いのお礼状やメッセージカードは、贈り物とともに感謝の心を添えるものであり、お祝いの品をいただいたことへの感謝の気持ちと無事に出産ができたことへの喜び、また赤ちゃんの名前の報告など、伝えることがたくさんあって書き方などに非常に迷ってしまうものなのではないでしょうか。メッセージカードやお礼状の書き方には、きちんとしたマナーがあるので、恥をかいてしまわずに済むように、しっかりとマナーを知っておきましょう。まず、お返しという表現は絶対にしないようにしましょう。何故なら、もらったから返すという雰囲気を相手に感じさせてしまうからです。他にも、お礼状を書く際のポイントや、メッセージカードの文例などは、インターネット上でいくらでも調べることができるので、参考にすると良いでしょう。